2014年02月10日

1/100ガリアン(2)

前回の加工http://soltic.sblo.jp/article/86983609.htmlで形態的には満足できるガリアンの脚ができた。
しかし足首の横軸が丸見えでトイっぽくて不恰好。どーにかこれをなくす方向を考えてみた。

2014_0210_04.jpg
パーツ分割をこのように。


2014_0210_05.jpg
足首のZ軸可動をできるだけ地面に近いところに設置。
すねパーツ内には軸移動用のH型関節を追加。


2014_0210_06.jpg
軸が4つもあるので接地性どんとこい。
スペースさえ確保できれば、可動軸を増やすとそこそこ動くようになりますね。
増やしただけふにゃふにゃした感じになるけどね(汗)


2014_0210_08.jpg
軸移動のおかげで鳥脚もキットより急角度になって平べったいポーズがとれますよっと。


2014_0210_07.jpg
よけいなところは足首アーマーで隠すw
このためだけに0.5mmピアノ線を軸にした2重関節を仕込んでおります


2014_0210_09.jpg
まあ足首をこんだけ動くようにしても、股関節の自由度が低いから、人型形態だとこの程度しかあしがひらかないんだけどね(つД`;)
posted by t2c at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモ・ガレキ

1/100ガリアン(1)

2014_0210_01.jpg
ガリアンの脚首は可動範囲が狭いのです。広くしたい。

2014_0210_02.jpg
ということで、ガウォーク形態で足を広げられるようにした。

2014_0210_03.jpg
軸を追加新造して上下にスライドするようになってます。
posted by t2c at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモ・ガレキ