2008年09月04日

装甲騎兵ボトムズ:ペールゼン・ファイルズ6巻


みましたー
前回までのまったりした展開からうってかわってテンポアップ。
でもあんまり盛り上がらない。新規追加の音楽がしょぼいからかのう…
話の顛末はすでにわかっているので、それがどういう過程でなるのか確認するだけです。なんの驚きもなく(笑)

むしろその後の映画予告に驚く(笑)
なら最初から2時間にまとめろよ!そのほうが、テンポの悪さがなくなっていいと思う。
初見の客向きにプラス10分くらいのあらすじをいれれば完璧だね。

以下ネタバレ

(いいかげんなあらすじ)
モナド中枢のコントロールセンターを掌握したIIS部隊。そこからキリコたちはどこかへ転送される。

キリコから異能生存体の話を聞いたバーコフ小隊の面々は、自分たちがそうであると確信する。
「オレたちは死なねえ!」
しかしそこは、敵の真っ只中だった。
掌握したはずのモナドは、未知の力により崩壊を始める。
彼らは脱出できるのか?

…死なないと確信した途端にムチャして次々死んでいくとゆーお約束のヤツラをよそに、淡々と生きるための最大限の努力をするキリコちゃん萌え。
結局、突発事故が原因で死んだの、バーコフだけですな(笑)
そしてやはりザキはいわゆる「プロト・ゼロ」…(<ガンダムかい!)。新兵なのに最後まで生き残るとはさすがPS。ザキがヂヂリウムを浴びてたり、禁断症状がでてたりするシーンがあればもっとよかったね、モロバレだけど。だって最後にネタバレされても、説得力ないじゃん。

でもえーと、ヨランたん、ここから1話までの間にフィアナを完成させるの、時間的にムリがないすか…

ウォッカムはわりとあっさり味に破滅、ペールゼンは逆転満塁サヨナラHRで颯爽と復活。
万丈はこのあと名前を変えて情報局に復帰ですかね?
せっかくだからバッテンタインがいてもよかったなあ。ネハルコくらいしか出てないもんなあ。
posted by t2c at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18824105

この記事へのトラックバック