2008年10月27日

映画ポケットモンスターミュウと波動の勇者ルカリナ

キッズステーションだかアニマックスだかをチラ見したら、音楽と美術がすばらしかったので、いまさら観た。
とにかく映画ポケモンシリーズは背景が秀逸です。

ポケモン自体の知識があまりないのだが、とにかく

タケシはいらん

ということだけはわかった。
内容からすると、メガネくんとバンダナ娘とベッキーと爺とロケット団も、いる必要ないっちゃ、ない。

そして今回はサトシすら脇役っぽくて、勇者アーロン様ステキ映画なんですけどね…
キャー!山ちゃんステキ!

内容のツッコミどころはいろいろありますが、それはさておいて、面白く観させてもらいましたにょ。わしらが子供のときのお子様向け映画と比べたら、格段にしっかり作ってあるわい。
しかし映画ポケモンシリーズはタイトルが長いのう。
posted by t2c at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21926504

この記事へのトラックバック