2009年01月29日

flash(お手軽だったはずが…)

画像のあるところにマウスカーソルを持っていくと枠を表示したりアニメしたり、

クリックすると詳細説明が噴出しに表示される

というようなFlashをつくってます。
つくりとしてはザコいです。

「こんなの、ステージにボタンをおいてイベントごとに表示:非表示させればヨユーでね?サックリ完成だわい!」

と思っていました。

ところが…


クリックするオブジェクトは、たがいに重なって置かれる場合があるので、たとえば奥にあるものをクリックして説明を表示したとき、前においたオブジェクトに隠れて表示されてしまう場合があります。

これを回避するには、表示するオブジェクトをいちいち最前面に置かなくてはいけない。
つまりオブジェクトの深度管理が必要ってことだ(´Д`;)

しかも、単純に深度管理だけならカンタンなのですが、どのオブジェクトがどれより前にあるのが適切かどうかのパラメータを作るのが非常にめんどくさい。

そこで、事前の策として、すべてのオブジェクトについてのパラメータを変数に持って、汎用スクリプトを用意して管理することにした。
作るのはめんどくさいが、直すのがラクになるので、初期コストがかかるのはしょうがない。
いまサンプルをしこしこ製作中。

あー、なんでたかがこんなコンテンツに、こんなに工数がかかるんだ(´Α`;)タリー
posted by t2c at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26065813

この記事へのトラックバック