2009年06月27日

ペールゼンファイルズ劇場版

発売時に買いました。
それからけっこう経ってしまいましたが、このたびやーーーーっと観ました。

評価ですが、単なる総集編になってしまってますね。映画としてはつらいデキに(泣)
よっておすすめできない。
カントク、ドキュメントダグラムとのときのよーなあの思い切りのよさはどこへいったんですか。

あと、
音楽が軽すぎて雰囲気が出てなかった。
乾さんの音楽がほとんど使われてなかったのが残念。

一見さん(いるのか?)のためにナレーションがあってもよかった。
結局新作アニメ部分のために買ったようなもんだお…

以下ネタバレ。

冒頭の新作部分、必要なのかアレ。尺長いよ。
ペールゼンカッコヨスwwww惚れるwwww

ワップ少尉大活躍の場面全カットwwwwヒドスwww
PR液調合シーンも1カット?のみwwwww
生き残るための重要なキモだろここはwwwww

ムリヤリ柳ジョージの曲を入れている箇所、歌のせいでセリフを入れられないから場面転換が不自然過ぎるだろww
炎のさだめを主題歌にする時点でそーいう懸念はなかったのかよ。
鉄のララバイ、けっこう好きなのになー。単なる挿入歌扱いにww

フィアナが怖いwww
髪生えたときにしろよかわいそーにww

ATシーンを短めにするとか、せめて2時間半くらいあればもうちょっとどうにかなったかもしれません。

ということでカントク、次はコンバットアーマーでお願いできませんかね?
主人公以外は萌えキャラ乳ゆれブルンブルンでもいいですからw
あ、塩山キャラでwwww

今回w多すぎるなw
posted by t2c at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30066809

この記事へのトラックバック