2009年10月20日

はっぴゃくやちょうゆめにっきブルガク

スプラッター!
((((゜Д゜;))))ブルブルガクガク

1)
小学生のとき、裏の家に友達が住んでいた。彼は転校してきて、その後転校していって、その後の便りはない。
その友達が、突然夢に出てきた。外見はこども店長のようになってた。実際はそんなにかわいくなかったがw

で、なぜか小学校低学年のおいらは超能力をもっていて(?)、その友達の時間を止めてしまったというあらすじだ。
彼は自分の家の前で固まってるので、気づかれないわきゃないんですが、なぜか今までだれも問題にしていない(笑)
ところが最近になってすこしづつ動き始めた!

で、オレは夢の中で「やべー、もし時間が元に戻ったらなんていわれるかわかんねー、どうしようっ!」と焦ってたっぽい。

そのうち友達は元に戻ってしまう。
これはオレが責任を持ってどーにかせんといかんな。友達を保護する。うんうんしたいというのでトイレはこっちだと誘導しようとしたが、ふりかえると彼の姿はもうなかった。

2)
そーいうわけで勝手にいなくなった友達なのだが、なぜかバラバラにされてオレん家の地下に埋まってるとゆー設定になってた。
え?犯人、オレっすか?
じゃあオレが彼をばらしてミンチにしたわけ?
どうもそうらしい。
そこから、殺した相手が常に近くにいるという心理的負担を感じながら、次第に精神がおかしくなっていく…という超ブルーな夢っした。

なんやねーんこれ(´Д`;)
目覚めわるーい。一旦目覚めたあと、続きを見たくないので寝たくなかった。

でも、

寝ないわけにいかないしーヽ(´ー`)ノ
眠いしーヽ(´ー`)ノ

と、あっさり二度寝したオレは、自分ながら神経が太くなったなーと自分をほめてあげたい気分だったようななかったような。

ホンモノの彼はいまごろ元気なんだろうかねー。(<それでシメるのかよ)
posted by t2c at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢時間
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33056283

この記事へのトラックバック