2010年03月19日

タッチパネル携帯のコンテンツ作成(初歩)その4

FLASH-JP.COMで、非常に参考になる書き込みがありました。
サンプルflaも公開されています。

1)ステージにおいたメニューの数と、何番目のメニューにフォーカスされているかの情報を配列に格納して、スクリプトで制御する。

2)上下キーでの操作が発生すると、tabキーが押下されたとみなすので、キー操作フラグを立てて、フォーカスを移動する。

3)画面をタッチすると、onPressイベントが発生したとみなすので、タッチ操作フラグを立てて、フォーカスを移動する。

4)画面をスクロールしたり、切り替えたときは、フォーカスしているボタンが画面に消えた場合、一番近いボタンにフォーカスを移動する。
タッチからキーへ、キーからタッチへとユーザが操作方法を変えたときは、フラグによる除外処理をしてフォーカスを移動する。

いやーよく出来てます。
今のところこれがベストかも。htmlとほぼ同じ操作感。これが業界スタンダードな方法になりそうな予感がします。

で、どーいう処理をやっているかまではだいたいわかったんですが、ちゃんとしたソースを組めるかどうかはまた別問題で…
いまのところ、みごとに失敗してます(汗)

やっぱオレ理系じゃないわ。

ここまできっちりとしたソースを組むと費用対効果が悪くなってしまうので、実際に作成するときは、かなり簡略化したUIになってしまうかと思います。
posted by t2c at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Flash
この記事へのコメント
UIなんて使いまわしだ
Posted by 黒 at 2010年03月19日 03:13
htmlで快適に使えるのに

Flashだと同じ性能のものをわざわざ自己開発しなきゃならないのがムダなんですよね

処理スピードも遅いのにさー
Posted by かんりにん at 2010年03月19日 08:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36460020

この記事へのトラックバック