2010年03月30日

タッチパネル携帯のコンテンツ作成(初歩)その5

まいど。さらに迷走中。

Flash liteで携帯サイトを作る!となったばやい。
サイトの情報が一画面に入りきらないくらい多くなったとき、画面をながーくしなくちゃなりません。
そうすると、htmlと同じように画面をスクロールさせたい。

タッチ操作だけを考えればいいのなら、実装するのは以下の2つの機能だけ。

1)画面フリック→画面上下スクロール
2)ボタンをタッチ→リンク先に移動

フルのFlashコンテンツを作るのとそう変わりありません。

ところがー
上下キーと決定キーの操作にも対応しなきゃならないってのは、前回もカキコしたとおりです。
このおかげで、一気にハードルが上がる。

なんでかというと。
初期状態で端末の画面外に配置したボタンを認識してくれないからです。
これはFlash liteの仕様なのでどうしようもない(´Д`;)

1.1以前ではお手上げでしたが、さいわいFlash lite2.0以降ではSelection.setFocus()が使える。
mc名を指定すればボタンを認識してくれます。

この方法で解決はするんですが、上下キーを押したときのフォーカスまでスクリプト制御しなきゃならないなんてorz

それだけならいいんだけど、
画面外にあるボタンにフォーカスが移行するときは、見えるように画面スクロールさせますよね。
そこまで制御するのがめっさ大変です。
Flash-JPからDLさせていただいたサンプルファイルがものすごく参考になっているのですが、まだ完全に理解できておりません。
なんという文系。
はやいとこどーにかしなきゃ(´Д`;)

そしてどーにかなったとしても、次はonmouse関係のスクリプトで悪戦苦闘するよていが待っています。
いやん。
posted by t2c at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36757342

この記事へのトラックバック