2010年04月12日

また見たひどい夢

えー、今回の夢は、てんちょと学生同期の友人K出君が入れ替わり立ち代りストーリーテラーとして出てきました。終わりごろにはどっちがどっちだかようわからなくなってました。

今回は、そのストーリーテラー君のおすすめで引っ越すことになったとゆー設定。部屋には家具としてハイベッドがあるだけで、ほかにはなにもない。
その部屋にはJUNさんとこでお世話になっているお客さん方が集まっていて、雑談している。

ストーリーテラー君の説明では、この物件が格安なのは、さきほど隣の部屋で死後三ヶ月ほどたった夫婦の死体が発見されたので入居者が集まらないからだという。

ちょww
それ早く言えwww
そんな場所薦めるなwww

で、想像しなくてもいいっちゅうのに、死体のフラッシュバックが脳裏をかすめる。死後三ヶ月ってのに全身ゾンビっぽい。まだ水気あるんじゃね?的な感じね。

廊下にでてみると、隣の部屋のドアに白いものが入っていくのが見えたりして、「出たあああ!!」と絶叫。
「うわあああアレ絶対ユーレイ!オレユーレイ信じてないけどアレはユーレイ!」
うろたえまくっておりました。

いやああああ
なんちゅう夢なのよー(TДT)
はーひさびさに夢で叫んだわー

あ、出演者のみなさまには他意はない(ハズ)ので、気になさらぬないでくださいねー。
posted by t2c at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢時間
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37056074

この記事へのトラックバック