2012年01月30日

いろいろおぼえないと。

flash playerはiOSではサポートされていません。
youTubeやニコ動なんかはアプリ対応とかサーバ変換なんかで対応してるようですが、スクリプトを使ったflashコンテンツは閲覧できません。

Androidも4.0からはサポートしないことになりました。Adobeからすると、古いものが動くうちは使えるよ、それでいいなら使ってね、というスタンスです。

くわえてWindows8のIE10モバイル版ではプラグイン非対応をうたっているので、iOSと同じく閲覧できません。
Windows phone7も同様です。

のきなみインターネットブラウザで使えなくなります。
さあそうするとflash屋さんは商売あがったりです(<オレだが…)。

とりあえず今はAIRという技術でAndroidとiOSにはアプリケーションという形でFlashをコンバートできます。
問題はWindows8とWindows phone7ではどうするかです。
この両者は、Flashの代替機能としてhtml5を使ってねーというスタンスなのですが、いまあるhtml5のフレームワークやライブラリでは、flashのような本格的なアニメーションは不得意なのです。
しかもまだまだいるであろうIE9以前のユーザには対応しなくなります。
Windows8、phone7に対応するAIRはまだリリースされていません。

ということでflash以外で飯を食う術を考えなくてはー
なのですが、いきなり移行するのも大変。
Windows8、phone7のモバイルUIであるMETRO対応のアプリを出力するAIRは、Flexベースでリリースされるという情報もあるので、FlashはFlashでもFlash builderでFlexを覚えることになりそうです。

Flash builderからならEclipseなんかにも移行しやすいだろうという目論見もあります。
プログラム屋さんじゃないから大変です。
あたしデザイナなはずなんだけどなあ(泣)
posted by t2c at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53372249

この記事へのトラックバック